FC2ブログ

パニックへの備えは・・・

<こんにちは(^^)

管理者の まさし  です

教える


パニック

発達障がい
もしくは
発達に困難さを抱えている子
にとって
この状況はよく言われるのでは?と思います

パニックとは
暴れたり
泣きわめいたり
大声を上げたり
分かりやすいものから

お腹の痛みや頭痛
息苦しさ
表情が消えたり
動きが止まってしまうことも
パニックの一種だと思います

そもそもパニックとは
状態です
本来は何が引き金かが大事なのですが

目の前で起きている問題行動をどうするか
みなさんそこに悩まれているのではと思います


まずは
落ち着ける場所の確保

日常過ごしている
家や学校などでは
やはりカームダウン(落ち着ける場所)の設定は必要だと思います

安全の確保

周りに危ないものや怪我しそうなもの
影響を与えそうな人などは整理しましょう



振り返り

取り乱している時に話は耳に入りません
少し落ちついてから話す習慣をつけさせていくことが大事です

約束やルールの確認

これも落ち着いている時に一緒に決めましょう
決めておくと振り返りしやすいです
(ただし、パニックになっている時はこの話は意味をなさないです)

そして

対応にぶれがないこと

これが一番難しく一番大切です

指示や対応が一貫していないと
次にパニックになった時にさらに難しくなります

泣き叫んだり暴れたりすると
どうしても譲歩したくなりますが

譲歩してしまうと
「こうすれば、要求が通る」
「これが伝え方だ」
誤学習してしまう恐れがあります

なので
決めたことに対しては
大変だと思いますが
毅然とした態度を持つことが重要です





0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © ここカラ発達 ~発達障がいと上手に付き合おう~ All Rights Reserved.