FC2ブログ

複数のことを同時に発信しない

こんにちは(^^)

管理者の まさし  です

今回は
「複数のことを同時に発信しない」

教える


前回の話にも少し書きましたが
発達障がい
発達に困難さを抱えている子(人)
は同時にいくつものことを処理するのが苦手です

話の中にいくつかの要点が含まれていると
どれに注目していいか分からず
内容がうまく入っていきません

支援する側は
話を聞くのか
話をするのか
をまずは考え
聞いている時は
まずは聞くことに徹してください

話をさせながら質問をすると
少しずつ本題からずれてしまうこともよくあります
話を聞きながら疑問に思うことが出てくれば
話を聞き終わった後に確認として
質問していくことが大切です

話をする場合は
質問なのか、指示なのか、提案なのかを明確にし
優先順位をつけて一つ一つ伝えてみてください

くれぐれも焦って詰め込みすぎないように

よく
「~をしたあとに~をしないと~はできないでしょ」
など、同時に話して
結果
何をするのかがごちゃごちゃになってしまったり

「なんで~してないの。~するって約束したよね。なんでできないのかしら。どうするの?」
など
していないことの確認なのか
依然話したことの確認なのか
困っていることを伝えたいのか
次のことを聞いているのか
なにから答えていいのか子どもが困っている場面を見かけます

困った男の子


話し方を整理することで
本人も自分の中で受け止めて
確認、理解する余裕が生まれます

一つ一つ整理することで
本人も話すことができます
行動に移すことができます

話す側も少し余裕を持って話してみてください

ではまた

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © ここカラ発達 ~発達障がいと上手に付き合おう~ All Rights Reserved.