FC2ブログ

支援の方法2

こんにちは(^^)

管理者の まさし  です

前回に引き続き
発達障がいの方
発達に困難さを抱えている方
自閉症スペクトラムの方
への支援の方法
その大まかな考え方を書いていきます

前回は
「伝え方」

教える

その中で視覚優位と聴覚優位に触れました

これは特性上把握しておきたい大事なポイントの一つと言えます
チェックするには
・日頃の言動
・発達検査
で判断していきます

そして、伝え方にはもう一つ
伝える側が気を付けるポイント  がいくつかあります

それは
・分かりやすい言葉・表現
・順序立てた説明
・複数のことを同時に発信しない
・一つの事柄が終わってから次の話
・あいまいではなく端的な表現
・主観と客観を分ける
・5W1Hを意識
・押し付けず相手が答えられる聞き方
・確認
です

これらのことはよく本やネットでも出てきますし
会話として当たり前だと思われるかもしれません

では実際
普段どれくらいできていると思います?
これ、難しいです

支援ではなく
日常生活になると
さらにできていないことが多いです

少し意識してみると
普段いかにあいまいに適当にコミュニケーションをとっているかわかると思います

日本人の気質も
はっきり言わない
相手を察する
などを良しとする意識もあると思います
よく海外で生活した方が分かりやすい
と言われる部分だと思います

もちろん
上記のことを守れば必ず相手に伝わる・・・・
と言うことではありません
しかし
支援の方向性として上記のことは
最低限必要な部分になります
この下地があって上に積み重ねていく作業ができるようになります

次回からは
一つ一つポイントを絞ってお話していきます

具体的な支援場面の話は

「子育て実践」  のほうに書いていきます

ではまた




0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © ここカラ発達 ~発達障がいと上手に付き合おう~ All Rights Reserved.