FC2ブログ

支援の方法

こんにちは(^^)

管理者の まさし  です

さて今回からしばらくは
発達障がいの方への支援
その考え方と実践を書いていこうと思います

考え方に関しては発達相談のジャンルに
実践に関しては子育て実践で書いていきます

始めに
どのような支援に関しても
本人にどのように伝えていくかが重要になります

教える


伝え方も色々な理論や方法論
ツールなどがあります

大前提として
視覚優位か聴覚優位かは頭に入れておかなければなりません

イメージとして
視覚支援が支援法として取り上げられることが多い気がします

写真や絵カードなども視覚支援になりますね

箇条書きに書いたり
文書で説明するというのも視覚支援と言えます

ここで大事なのが
視覚的な情報処理が苦手な子  もいるということです

目に飛び込んでくる情報に
優先順位をつけたり
整理したり
どこに着目するか など
苦手な場合があります

こういった場合は
視覚で情報処理しようとすればするほど混乱してしまいます

聴覚優位  であれば
一つ一つ順を追って
言葉で説明する方が
頭に入りやすい子もいます

そして
ピンポイントで
単語などを提示すると
視覚支援も有効な場合もあります

また
表出の方法として
写真や絵カードのを使う場合も
結局
いつ・どこで・誰に渡すかが分からなければ機能しません

いずれの場合も
本人の特性を把握 し
適切な伝え方をしなければ
どのような支援も役に立ちません

形だけを揃えて
視覚化しても意味はありませんし
どれだけ言葉で伝えても
整理されていなかったり
視覚優位な子に対しては
指示が頭に入りにくいです

普段の様子を把握し
どちらが適切か見極めていく必要があります

ではまた

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © ここカラ発達 ~発達障がいと上手に付き合おう~ All Rights Reserved.