FC2ブログ

確認するということ

こんにちは(^^)

管理者の まさし  です

今回は

「確認すること」

親子


前回お話した

「整理して提案すること」

でも触れましたが

確認することも
会話の中で大切なプロセスの一つです

どちらかに
思い込みがあったり
不満や疑問があったり
認識にずれがある
と、せっかくの取り組みもうまくいきません

納得がいかないことが納得いかない子たちです

また
誰がどの部分に責任を持つのか
対策がうまくいかなかったときにどうするのか
なども
きちんと 明確化  しておく必要があります

発達障がいの方との関わりで多いですが
こちらの意見を押し付けてしまうと
うまくいっている時はいいのですが

うまくいかなかったときに
「~さんが言ったとおりにしたのにうまくいかなかった」
と責任をこちら側に戻されます

例え
話の流れで一緒に決めていたとしても
相手が「~でいいですよね?」
「~したほうがいいですか?」
と聞いた時に
「~したほうがいいよ」
と答えると
上のような結果となります

最終的な結論は本人がすること
そのための確認が必要です

整理して提案した後
「ではこの問題に対してあなたはどう考えているか?」
「あなたはどうすることにしたか?」

本人が決めたことを
本人が知ること・理解すること  が重要です
それが確認です

そしてもう一つ
話を進めていくプロセスでも確認が必要です

「この前~があったこと覚えてる?」
「今から~の話をしたいけどいいかな?」
「ここで話してもいいかな?」
「メモを取りながら話していいかな?」
「ここまでの話で分からないことある?」

など
程度にもよりますが
確認を怠ると
「自分は嫌だったのに、~された」
など話す内容ではなく
話すプロセスの問題でトラブルが起きることもあります

確認は会話の大事な作業の一つ
ですではまた

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © ここカラ発達 ~発達障がいと上手に付き合おう~ All Rights Reserved.