FC2ブログ

発達障がい児に対しての決定の背景

こんにちは
管理者のマサシです

今回は
発達障がい児と接するときに
大切な要素の一つ

決定の背景


について少し書かせてもらいます


発達に限らず

何かを決定する上で

根拠をどこに持ってくるかで

決定の内容は変わります


発達の子は変化が苦手で

また

修正するのも時間がかかります


そうした中で

いかに決定を下していくか

判断が難しいと思います


どれを軸に判断するかによって

何を大事にするかによって

決定事項は変わるからです


そして

そこに正解が必ずしもあるわけでないので

日々試行錯誤します


行動分析(ABA)を行うに関しても

そこに根拠が必要となるため

自分の決定の背景

自覚しておくことは重要だと思います


9つの決定の背景




上記に記したものだけではありませんが

上の要素を組み合わせ

優先順位をつけて

決定していると思います


根拠に基づいて出ないと

発達に困難さを抱えている子たちは

混乱しやすいため


決定者は

決定の根拠を十分理解したうえで

決定していく必要があります


また

社会性も枠組みとして考えると大別できます


社会性の枠組み




発達障がい児と付き合う上で

支援者は

十分自分の言動の裏にある

決定の背景を理解して

行動することが求められると思っています


Tag:発達障がい 決定の背景 ABA

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © ここカラ発達 ~発達障がいと上手に付き合おう~ All Rights Reserved.