FC2ブログ

考えること

教える 

 【考えるって難しい】       

よく
~しなさい
と子どもに言うことがあると思います

でも
やり方を教えていることは少なくないですか?

やり方を教えるということは
教える側は考えないといけないですし
子どもは考え方を学ばないといけません

発達障がいの子たちは
もともと自分でやり方を1から想像するのが苦手です

考ええるということは
僕たちが思っている以上に大変なことです

理論的に順序を組み立て
整理し
検証する

「考える」は難しいです

 【考えるということ】       

では考えるということはどう言うことだと思いますか?
僕は
1つの事柄に対し言葉に直せることだと思います

言い変えれば説明できること
人に自分の言葉で話せること
だと思っています

そのためには
事柄に対して
それがどういうことか
まずその事柄が「何か」
を考え
「なぜ」
で掘り下げ
どういった手段や方法が必要か
などを経て整理するまでが
「考える」
になると思っています

パッとひらめいたこと
これを実現するためにはどうすればいいか
肉付けしていく過程が考えるということだと思います

この考える工程を細かく分けて
1つずつ教えていくことが
発達障がい
もしくは
発達に難しさを抱えている子には
必要な作業になってきます



0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © ここカラ発達 ~発達障がいと上手に付き合おう~ All Rights Reserved.