FC2ブログ

archive: 2017年10月  1/1

決めたことは誰のため?

No image

 【教えているつもりが実は・・・】       発達障がいの子発達に難しさを抱えている子自分で何かを1から始めたり自分で状況を整理するのは苦手ですそこで周りが本人に気づいてもらえるような働きかけを行っていきますそれが前回までにお話した言動の原因や背景表出の仕方などに書いてきた話ですそして大事なことがもう一つこちらは良かれと思って教えたり配慮したり設定していることそれは誰のためかどの立ち位置...

  •  0
  •  closed

発達障がい 言動に潜むものは何?

No image

 【表に出ている表現は・・・】       前回言動の原因についてお話しました原因は様々ですそしてその原因に関して何を感じて何を訴えてくるかこれもまた様々です本来なら嫌だった怖かった分からなかったなどをそのまま伝えてくれたらいいですけどそこはコミュニケーションの苦手な子たち間接的に伝えてきたり連想ゲームのように伝えてきたりただ感情を爆発させたりと周りが察して推測していかないといけないことも...

  •  0
  •  closed

子どもの行動と原因

No image

 【言動には必ず理由がある】       子どもは色々な言動を行いますその中には望ましくないこともありますただその言動に至る原因が必ずあります本来大事なのはその原因ですでも子どもに何か伝える時どうしてもその原因の部分ではなく起こった言動や出来事に関して話してしまいがちですそれではモグラたたきのモグラと同じ形を変えてまた同じようなことをしてしまいますそして「この前も言ったでしょ!」となってし...

  •  0
  •  closed

待つことの大切さ

No image

 【どんな時でも時間は必要】      考える場面「考えることは待つことです」の延長になりますがどんな場面でも待つことは大切です何か行動している時何か受け答えしている時気持ちや行動を切り替える時どうしてもこちらが思っている以上に時間がかかる場面が多いと思いますそんな場面に直面した時みなさんはどうしてるでしょう先回りすることの多さ特に急いでいる時やこちらの都合がある時など先回りして助言したり...

  •  0
  •  closed

考えるためには待つ

No image

 【考える時間】       物事を考えるつまりは見直し、深めていくにはやり方もそうですが時間もかかります特に発達障がいや発達に困難さを抱えている子にとって考えることは苦手なことでもあり当然時間もかかります考えている時子どもが考えようとしている時頭の中はそれだけになっていることもありますいくつものことを同時にこなすことが苦手な子は特にそうだと思いますその時に声をかけても返事がない時もありま...

  •  0
  •  closed

考えること

  【考えるって難しい】       よく~しなさいと子どもに言うことがあると思いますでもやり方を教えていることは少なくないですか?やり方を教えるということは教える側は考えないといけないですし子どもは考え方を学ばないといけません発達障がいの子たちはもともと自分でやり方を1から想像するのが苦手です考ええるということは僕たちが思っている以上に大変なことです理論的に順序を組み立て整理し検証す...

  •  0
  •  closed

発達障がいと活動の意味付け

No image

 【意味のない活動なんてない!?】     活動をするときに皆さんは何のために行うか考えていますか?そんなの当たり前じゃないか何をするにしても目的はあるに決まってる確かにそうです何をするにも目的はありますごはんを食べるのも生きるため工作するのもほしいものを作るためでも目的は一つではないですよね同じ行動でも人によって目的は様々です先ほどの食事の件でも生きるための他に美味しいものを食べてリフレ...

  •  0
  •  closed

Designed by Akira.

Copyright © ここカラ発達 ~発達障がいと上手に付き合おう~ All Rights Reserved.